生活保護申請代行をうまく活用して生活を安定させましょう

生活保護申請代行をうまく活用して生活を安定させましょう

生活保護申請代行を利用すれば煩雑な手続きも簡単にできる

喜ぶ女性

生活に困っていれば生活保護を考えてみるのも一つの手です。この生活保護は憲法に基づく制度ですから、条件さえ満たすことができればすべての国民は申請することができます。でも、どうしても世間体が気になって申請をためらっているという人も少なくありません。生活保護を受けることはけっして恥ずかしいことではないのです。仕事自体を失ってしまったとか、働いていても収入が激減してしまったとか、また年金をもらっていても普通に生活することができないとか、そういう状況の人を救済するための制度です。

生活保護を申請するときには生活保護開始申請書というものを市町村の福祉事務所に郵送しなければなりません。そしてこの申請書が福祉事務所に届いたら日から14日以内に生活保護を開始するか却下するか決められます。たったこれだけの手続きなのですが、申請書によっては生活保護が認められないというケースも大いにあるのです。こうした申請書などとても自分ではできないというときには生活保護申請代行を利用するといいでしょう。生活保護申請代行は制度に詳しい行政書士などが申請を代行してくれます。さらに申請代理人として福祉事務所との交渉も行ってくれるのです。生活保護申請代行のサポートならば手続きも簡単に行えます。

生活保護申請代行ならば自分ではできないこともサポートしてくれる

本当に生活が苦しいというときには国が定める生活保護を受けるべきです。とは言ってもそこで使われるお金は税金なのでどうしてもためらってしまうという人も少なくありません。しかし、生活保護は憲法でも定められている救済措置ですべての国民に与えられている権利です。恥ずかしいと考える前に、まずは自分の暮らしを立て直すことを第一に考えることが必要でしょう。

確かにこの制度を利用するときにはいくつかの条件を満たしていなければなりません。財政にも限界がありますので福祉事務所の窓口でもさまざまな理由を述べられて申請書すら渡してもらえないケースもあります。こうしたことで申請ができないときには生活保護申請代行を利用するのがおすすめです。生活保護申請代行はこの制度に詳しい行政書士や弁護士が代行します。生活保護申請代行ができるのはこの両者だけです。

もしも不当な理由で審査が通らなかった場合でも、特定行政書士は不服申立を代理する権限を持っています。一般の人にはそういう不服申立などできないというのが現状でしょう。このような申請は自分自身ですることもできますが、生活保護申請代行を利用することで受給の可能性もかなり高くなります。

そろそろ生活費が底を尽きるというときには早めに生活保護申請代行を

手持ちの生活費があと一ヶ月分足らずでなくなってしまう、そういう状況はこの現代ではけっしてあり得ない話ではありません。特に昨今ではそういう人も実際に増えているのです。こうした状況ならばまず生活保護申請を考えるべきでしょう。生活保護が受けられれば国が定めた最低生活費を受給することができます。

もちろん、この生活保護申請は国民全員に与えられた権利ではあるのですが、認められるためには条件を満たしていなければなりません。なかなか審査に通らないということもあり、今は生活保護申請代行に依頼する人も多いです。生活保護申請代行はこの制度に詳しい弁護士や行政書士などが代行してくれますので安心して依頼することができるでしょう。

ただし、その道に詳しいベテランの弁護士や行政書士に申請を依頼するにしても、ここで考えなければならないことは代行に依頼する時期です。と言うのは、仮に申請が通ったとしても実際に最低生活費が受給されるのは早くても30日以降になってしまいます。前述したように手持ちの生活費が底を尽きてしまいそうなとき、生活保護申請代行に依頼するのは、遅くても生活費がなくなる30日前にしなければなりません。この点は注意が必要です。

もしも今現在住む場所がなく、ネットカフェや車中で生活をしているという状態なら、まずは【生活保護受給者向け住居支援センター】に相談することをお勧めします。入居できる物件の紹介や家賃補助などのサポートを受けられるので、生活費の支給が開始されるまでに、ひとまず安全な環境での暮らしを確保できる可能性があります。生活保護申請代行をしてもらえる場合もあるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

手続きの前にまずは生活保護申請代行業者に相談しよう

公園の親子

仕事を失ってしまうなど、何らかの理由で収入が途絶えてしまった場合、行政や福祉に相談す…

»readmore

特定行政書士が提供する生活保護申請代行を利用することもできる

電卓と通帳と印鑑

収入が極端に少ない場合や働くこと自体ができない人というのは、今の世の中にはたくさんい…

»readmore

住むところにも困っているなら生活保護申請代行に相談しよう

考える男性

生活に困っている人や、経済的に苦しい状況にある人の中には、住居を失ってしまうというこ…

»readmore

生活保護申請代行にサポートしてもらって生活保護を申請してみよう

役所の窓口

生活に困った状態で、自力で生活していけない状況に陥ってしまったときには、国の制度の生…

»readmore

TOP